レスベラトロール

フレンチ・パラドックス

「フレンチ・パラドックス」という興味深い現象を皆さんはご存じでしょうか。簡単にご紹介してみますと、フランスの人々は、ほかの先進諸国と比べてその伝統的な食文化から、飽和脂肪酸を多く摂取しています。飽和脂肪酸というのは、チーズやバターなどの動物性脂肪に多く含有されており、過剰に摂取しすぎるとコロステロール濃度が上昇し、さまざまな疾病を引き起こすことになると指摘されています。ところが、実際、飽和脂肪酸を過剰に摂取しているはずのフランス人のコレステロール濃度の上昇による死亡数が、ほかの先進諸国に比べて圧倒的にすくないのです。そこで、世界中の科学者が注目したのが「赤ワイン」でした。これは、赤ワインの消費量世界一がフランスだったためです。そして、赤ワインの研究が進むにつれ、ある成分に関心が集まりました。それこそが、「レスベラトロール」だったのです。


レスベラトロールとは

そもそもレスベラトロールとはとは、左の参考サイトにもあるとおり、ブドウや赤ワイン、およびピーナッツの薄皮やザクロ、イチゴなどに含まれている天然ポリフェノールの一種のことです。視機能への健康効果のほか、アンチエイジング食品としても近年注目を集めています。

レスベラトロールは目の血管を拡張する

レスベラトロールに関する研究が進むにつれ、「目の血管を拡張する」働きがあることが相次いで報告されました。その内容は、赤ワインを飲用した場合、血管が拡張し、血流の異常が改善されるというものでした。血流に異常を来すと、成人の失明原因で上位を占める糖尿病網膜症をはじめ、目が悪くなり、最悪失明に到ってしまいます。つまり、血流を改善する成分こそが目の健康維持に役立つと考えられており、レスベラトロールはその条件にピッタリだといえるわけです。

二種類の目の疲れ

一般的に疲れ目には2種類あるといわれ、目を休めてやることで回復する「眼疲労」と、休息をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残る「眼精疲労」があります。一般的に「眼が疲れた」と感じる場合は前者のほうで、後者はより重い症状を指しています。レスベラトロールはその高い抗酸化作用から、「眼精疲労」にも優れた効果を発揮してくれるのです。

関連ページ

眼を元気にしよう!
アントシアニン
アントシアニンの眼への効用について
ルテイン
ルテインの眼への効用について